リオデジャネイロの空港は2つある!国内線はサントスドゥモン空港へ

リオデジャネイロの空港は2つある!国内線はサントスドゥモン空港へ 観光情報

南米屈指の観光都市リオデジャネイロ。近年は日本人の観光客も増えているようですが、リオデジャネイロに行く際に気を付けなければいけないのが空港です。

リオデジャネイロ市内には、主に国際線が発着するアントニオカルロスジョビン空港(通称ガレオン)と、国内線が発着するサントス・ドゥモン空港の2つがあります。いずれもアクセス方法が大きく異なるので、リオデジャネイロへ飛行機で向かおうと考えている方は必ず事前にチェックしてください!

この記事ではリオデジャネイロに10か月間の留学経験のあるぶらブラが、国内線が発着するサントス・ドゥモン空港について詳しく解説します!

  • リオデジャネイロ2つの空港を比較
  • サントス・ドゥモン空港へのアクセスを詳しく解説
  • 飛行機を発明したのはライト兄弟ではない⁉サントス・ドゥモンとは?

主に国際線が発着するアントニオカルロスジョビン空港(通称ガレオン)をご利用の方は『 リオデジャネイロ空港から市内へ。4通りのアクセスを元在住者が比較解説 』を参照してください。

リオデジャネイロの空港はガレオンとサントスドゥモン

まずリオデジャネイロに飛行機で向かおうと考えている方は、以下を参照にどちらの空港に発着するのかチェックしてください。

アントニオカルロスジョビン空港
(ガレオン空港)
サントス・ドゥモン空港
空港3レターGIGSDU
便の種類主に国際線(国内線もある)国内線(稀に国際線も)
市内へのアクセス△(市内から約20km北)◎(市内の中心)
便数の多さ
チケット代の安さ
トゥカーノ君
トゥカーノ君

日本からの国際線でも、サンパウロ乗り継ぎの場合にはサントス・ドゥモン空港に到着することもあるよ!

リオデジャネイロ「サントスドゥモン空港」のメリット

ブラジル国内からリオへの移動を考えている方は、チケットを購入する際に2つの空港から選ぶことができます。ぶらブラも何十回も2つの空港を利用していますが、おすすめは圧倒的にサントス・ドゥモン空港です!

リオデジャネイロの空港は2つある!国内線はサントスドゥモン空港へ

サントス・ドゥモン空港はリオデジャネイロ市内へのアクセス抜群

サントス・ドゥモン空港をおすすめする何よりの理由は、アクセスの良さです。アントニオカルロスジョビン空港(ガレオン空港)は市内から15kmほど離れていて、空港への道はしょっちゅう大渋滞。周辺地域の治安も悪いので、どうしても身構えてしまいます。

一方のサントス・ドゥモン空港は本当に街のど真ん中にあるので、何ならメトロでもアクセス可能です。詳細は後ほどご紹介しますが、この利便性は旅行者にとっては大きなメリットですね。

サントス・ドゥモン空港はリオデジャネイロの景観が一望できる

もう一つのおすすめす理由が、景観の良さです!サントス・ドゥモン空港に離着陸する際はかの有名なキリスト像、パンジアスーカル、コパカバーナ、イパネマといった人気の観光地を眼下に見渡すことができます

上の写真はサントス・ドゥモン空港の写真ですが、写真右上にキリスト像が見えるのがお分かりでしょうか?左上にはパンジアスーカルの一部が映っています。 ちょど両者の間を上昇していく感じなので、絶景大パノラマを体感できますよ!

飛行機が空港に離着陸する方向は便によって異なるので、ここは運任せではあるのですが、サントス・ドゥモン空港を利用する際はぜひ窓際のシートを予約してみてください!

ぶらブラ
ぶらブラ

あくまで個人的な経験ですが、離陸の時は右側、着陸の時は左側のシートを押さえておくと、リオの絶景が見渡せます!

サントス・ドゥモン空港は滑走路が短い!

サントス・ドゥモン空港はリオデジャネイロのグアナバラ湾に浮かぶ小さな空港なのですが、実はその滑走路の短さも特徴の一つです。通常の大きな空港では、滑走路は3,000m~5,000mほどが一般的とされているのですが、サントス・ドゥモン空港の滑走路はたったの1,323m

着陸する飛行機を眺めていると、他の空港に比べ飛行機のブレーキが急な気がします(笑)おそらくパイロットとしての技術も高くなくてはいけませんね。

リオデジャネイロからサントスドゥモン空港へのアクセス

ここからは具体的に、リオデジャネイロ市内からサントス・ドゥモン空港へのアクセスをご紹介します。

【リオデジャネイロからサントス・ドゥモン空港へ 1】メトロ

地図で見るとお分かりの通り、サントス・ドゥモン空港はリオデジャネイロのセントロ地区のすぐ近く。最寄りとなる「Cinelândia(シネランジア)」駅までも、歩いてたったの5分ほどです。

メトロに乗れば、セントロ地区はもちろん、コパカバーナやイパネマといった人気のエリアまでアクセスることができますね。

【リオデジャネイロからサントス・ドゥモン空港へ 2】バス

サントス・ドゥモン空港は大きな幹線道路にも面しているため、たくさんのバスが目の前を走っています。アントニオカルロスジョビン空港から発車している観光客向けのバス「フレスカォン」も通るので、安心かつ安くコパカバーナに向かいたい方は2016番のバスを利用してください。

路線バスであれば、100番や106番などがコパカバーナ方面へ向かいます。路線バスの乗車方法は『 ブラジルの路線バスの乗り方。簡単4ステップで初心者でもおトクに 』を参照してください。

【リオデジャネイロからサントス・ドゥモン空港へ 3】VLT

リオデジャネイロ市内を走る路面電車VLTも、市内への移動手段の一つです。サントス・ドゥモン空港は1 番と3番の終着駅にもなっているので、セントロ地区へ移動したい方には便利ですね。始発駅なので座っていけるというメリットも、旅行者には嬉しいポイントです。

引用:wikimedia

【リオデジャネイロからサントス・ドゥモン空港へ 4】タクシー

一番便利で安心なのは、やはりタクシー。サントス・ドゥモン空港には7社のタクシー会社が乗り入れており、コパカバーナ地区であれば30~50レアル(約600円~1000円)ほどで行くことができます。料金固定制の会社もあるので、トラブルにならないよう事前に料金をチェックしておきましょう!

ぶらブラ
ぶらブラ

大きなスーツケースや貴重品を持っている際は、目立ちすぎてしまうためメトロ、路線バス、VLTはあまりおすすめしません。安心を優先させたい方はタクシーを利用してくださいね!

空港の由来!飛行機を発明したサントスドゥモンとは?

ここまでサントス・ドゥモン空港について詳しく解説しましたが、「そもそもサントス・ドゥモンって?」と思われた方も少なくないでしょう。ここからは豆知識として、飛行機を発明したサントス・ドゥモンについてご紹介します!

リオデジャネイロの空港は2つある!国内線はサントスドゥモン空港へ

飛行機を発明したのはライト兄弟じゃない!

「飛行機を発明したのは?」と聞いたら、おそらく皆さんは「ライト兄弟」と答えますよね?しかし実はこれは国によっても見解が異なり、ブラジル人やフランス人に同じ質問をすると「サントス・ドゥモン」という答えが返ってきます。

というのも、確かに世界で初めて飛行機で空を飛んだのはライト兄弟なのですが、ライト兄弟の飛行機には出発時に飛行機が加速できるようねじのような仕掛けがされていました。イメージで言うと、ゴムを使ってモノを飛ばす感じでしょうか。

リオデジャネイロ出身の飛行機発明家サントス・ドゥモン

一方のサントス・ドゥモンは、一切の補助装置なしに、飛行機のみで世界初の飛行に成功した人物です。初めて飛行実験に成功した場所がパリのエッフェル塔周辺だったため、フランス人の間でも「飛行機を発明したのはサントス・ドゥモン」という見解が定着したそうです。

トゥカーノ君
トゥカーノ君

ブラジル人やフランス人の知り合いがいる方は、ぜひ試しに聞いてみてね!

リオデジャネイロの空港はサントスドゥモンがおすすめ

旅行会社や航空券会社を通して航空券を購入する際は、利用する便や空港を指定するのは難しいですが、国土が広いブラジルを満喫するなら、やはり国内線を上手に活用したいところ。リオデジャネイロへ向かう際は、ぜひ景色が美しく、市内へのアクセスも抜群なサントス・ドゥモン空港を利用してみてくださいね!

ブラジルでの国内線利用を検討している方は『 ブラジルの国内線はLCCでおトクに!大手3社の比較や注意点 』も併せて参照してください。

コメント