日本からブラジルへ!4ルートの所要時間を比較【中東経由がおすすめ】

日本からブラジルへ!飛行時間や最短ルートを比較解説 観光情報

日本のほぼ真裏に位置するブラジル。いざ行こうと思ったら、「どのくらい時間かかるの?」「直行便はあるの?」「どのルートがいいの?」と考えるべきことがたくさん出てきますよね?

この記事ではブラジルに足繫く通っているぶらブラが、日本からブラジルへの行き方を徹底解説します。これからプライベートやお仕事でブラジルへ行く方は、ぜひご自身の希望にぴったりの路線を探してくださいね!

  • 日本からブラジルへの直行便は?
  • 各路線のメリット・デメリットを徹底比較
  • おすすめの路線は中東経由!

日本からブラジルの直行便はない | 所要時間は約30時間

初めての方にとっては、何もかもが未知のブラジル。まずは基本的な情報から押さえておきましょう。

日本からブラジルへ!4ルートの所要時間を比較【中東経由がおすすめ】

日本からブラジルへ:直行便はない

大前提として、日本とブラジルを結ぶ直行便はありません。かつては東京からサンパウロの直行便が存在したのですが、それでも途中で給油のために他国に立ち寄っていたそうです。ですので、現状としては必ず経由便を利用しなくてはなりません

日本からブラジルへ:利用する空港はサンパウロが一般的

飛行機でブラジルに向かう場合、到着する空港はサンパウロのグアルーリョス空港か、リオデジャネイロのガレアォンかの二択かと思います。特にグアルーリョス空港は南米でも最大規模のハブ空港なので、リオに向かう場合でも一旦グアルーリョス空港を経由するというケースもあるでしょう。

玄関口となるサンパウロ空港について知りたい方は『サンパウロ・グアルーリョス空港から市内へのアクセス【治安に要注意】』 併せてご参照ください。

日本からブラジルへ:所要時間は30時間が目安

気になる所要時間ですが、乗り換え時間も含めておよそ30時間が目安となります。日本とブラジルには12時間の時差があるため、往路は∔1日、復路は∔2日となることが多く、かなりの時間と体力が必要だと言えるでしょう。機内で快適に過ごすためのグッズ(枕など)は忘れずに用意しておいてくださいね!

ぶらブラ
ぶらブラ

ヨーロッパに行ったことがある方は、ヨーロッパ到着後にもう一回同じ時間の飛行機に乗るとイメージしてください。かなりの長丁場ですね!笑

日本からブラジルへの4ルート比較 | 最短ルートと所要時間

ブラジルは日本の真裏にあるので、日本から東側に出発しようが西側に出発しようが、かかる時間はあまり変わりません。ここでは4つのルートをメリット・デメリットを交えながら比較していきます!

日本からブラジルへ!4ルートの所要時間を比較【中東経由がおすすめ】

日本からブラジルへのルート 1:アメリカ経由

おそらく最も一般的な路線がアメリカ経由ですが、アメリカ経由でかかる時間はおよそ25~29時間です。航空会社はデルタ、アメリカン、ユナイテッドなどさまざまで、ニューヨーク以外にもダラスなどの各都市で経由することができます。

〈アメリカ経由のメリット〉
  • 便数が多い
  • 価格も安い便が多い(15万円前後)
  • スターアライアンスやワンワールドのマイルが貯めやすい
〈アメリカ経由のデメリット〉
  • ESTAが必要(乗り継ぎでも必須)
  • 荷物を一度ピックし、再度預ける手間がかかる
  • 荷物検査がかなり厳しい

日本からブラジルへのルート 2:ヨーロッパ経由

ヨーロッパ経由も安心かつ人気の路線で、かかる時間はおよそ25~28時間です。航空会社はブリティッシュ、エールフランス、ルフトハンザなどさまざまで、数多くのハブ空港から選べるのも嬉しいですね!

〈ヨーロッパ経由のメリット〉
  • 便数が多い
  • 価格も安い便が多い(15万円以下も)
  • 入国審査が不要なため、手続きがスムーズ
  • スターアライアンスやワンワールドのマイルが貯めやすい
〈ヨーロッパ経由のデメリット〉
  • フライトによっては待ち時間がかかる
  • ストライキが多い

日本からブラジルへのルート 3:中東経由

利便性が高く、近年大変な人気を集めているのが中東経由の路線です。かかる時間はおよそ28~30時間で、エミレーツ、エティハド、カタールなど、豪華なイメージの航空会社ばかりです。

〈中東経由のメリット〉
  • 格安チケットが見つかる(15万円以下多数!)
  • 機内食やサービスが充実している
  • 乗り継ぎの空港がとにかく豪華
〈中東経由のデメリット〉
  • 便数は決して多くない
  • 空港が大きすぎて乗り継ぎが少々ややこしい
  • スターアライアンスやワンワールドのマイルが貯めづらい

日本からブラジルへのルート 4:エチオピア経由

最後にご紹介するのは、格安チケットを検索すると最安値でヒットするエチオピア航空。かかる時間はおよそ30~32時間で、とにかく一番安く行きたい方にはおすすめかもしれません。エチオピアの首都アディスアベバでの乗り換えとなります。

〈エチオピア経由のメリット〉
  • 最安値で行ける(10万円以下で行けることも!)
  • エキゾチック感
〈エチオピア経由のデメリット〉
  • 乗り継ぎが2回以上になる(アジアやアフリカなどの都市)
  • サービス面で悪い口コミが多い
  • スターアライアンスなので、ワンワールドはマイルが貯まらない

日本からブラジルへ行くなら中東経由がおすすめ!

ぶらブラはこれまでアメリカ経由(ニューヨーク)、ヨーロッパ経由(ロンドン、ローマ)、中東経由(ドバイ、アブダビ)を経験してきましたが、個人的におすすめするのはやはり中東経由です!

日本からブラジルへ!4ルートの所要時間を比較【中東経由がおすすめ】

エミレーツ航空もエティハド航空も快適さは非常に優れていて、機内食や映画など、乗るのが楽しみと思えるサービスが盛りだくさんです!飛行時間が短いのもポイントで、長旅の疲れを多少なりとも軽減することができました。

ヨーロッパ経由も利便性が高いのでおすすめですが、アメリカ経由は正直あまりおすすめしません。そのためにESTAをとったり、荷物をわざわざ自分で再チェックインしたりと、とにかく手間がかかりすぎます。

ぶらブラ
ぶらブラ

アメリカは荷物検査も長蛇の列ができていて、通過するのに1時間半近くもかかりました。

日本からブラジルへのルート選びはマイルも重要

ご紹介の通り、日本からブラジルへ行くには中東路線がおすすめです!次いでヨーロッパ路線、アメリカ路線となりますが、特にマイルを貯めている方は必ず航空会社のアライアンスを確認してくださいね!

Cabin Tour | Two-class Airbus A380 | Emirates Airline

とにかく距離が遠い分、マイルもたっぷり貯まるブラジル旅行なので、ぜひマイルや時間帯などを比較して、ご自身にぴったりの航空券を探してみましょう。

ブラジル国内で飛行機移動を考えている方は『 ブラジルの国内線はLCCでおトクに!大手3社の比較や注意点 』、『ブラジルの長距離バスの乗り方。事前に知っておくべき5つの注意点』も併せて参照してください!

コメント