ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」とは?度数や本場レシピを公開!

ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」とは?度数や本場レシピを公開! グルメ

ブラジルの国民的カクテルとして親しまれている「カイピリーニャ」。 近年は日本の居酒屋やバーで見かけることも多くなりましたが、カイピリーニャはライムの酸味と砂糖の甘みのハーモニーが抜群で、お酒が苦手な女性にも人気の高いカクテルです!

この記事では、10か月のブラジル留学中に各地でカイピリーニャを飲み歩き、日本の自宅でもカイピリーニャを作るぶらブラが、カイピリーニャの本場レシピや美味しく作るコツを公開します!

  • 飲みすぎ注意!カイピリーニャの気になる度数は?
  • おうちで簡単!カイピリーニャの本格レシピ
  • カイピリーニャを美味しく作る3つのコツ

同じくブラジルの飲み物として有名なガラナについては『 ブラジルの飲み物ガラナとは?健康にもたらす5つの効果を解説 』を参照してください。

ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」の度数は?

日本ではまだまだ珍しいカイピリーニャですが、ブラジルではどのレストランにも必ずと言って良いほど置いてある、非常にポピュラーなカクテルです。

ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」とは?度数や本場レシピを公開!

カイピリーニャのベースはカシャッサ

カイピリーニャのベースとなるのは、「カシャッサ」という約40度のお酒。さとうきびの絞り汁を発酵・蒸留させたもので、「ブラジルのスピリッツ」とイメージすると分かりやすいかもしれません。

近年は日本でも手に入りやすくなっており、特に有名な「51」というブランドは、大手スーパーなら割と見つけやすくなっています。もちろん海外のリキュールなどを扱うお酒専門店に行けば、見つけられる割合は高くなるでしょう。

カシャッサについて詳しく知りたい方は『 ブラジルのお酒「カシャッサ」とは?美味しいやみつきレシピも紹介! 』を参照してください。

ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」の度数は25度!

ベースとなるカシャッサの度数はおよそ40度ほどですが、カイピリーニャはそこにライム・砂糖・ロックアイスを加えるため、度数はおよそ25度程度となります。これは通常のワインよりも2倍以上も強い数字ですので、飲みすぎには十分注意してくださいね!

カイピリーニャとモヒートは何が違う?

アルコールにライムと聞くとモヒートを連想される方も多いかと思いますが、モヒートはキューバ発祥のカクテル。ミントやソーダを加えた爽やかな味わいで、アルコール度数は10度程度です。

一方、カイピリーニャは25度とアルコール度数も高く、酸味よりも甘みが際立つカクテルです。同じライムのカクテルでも味はかなり異なりますので、モヒートは苦手という方もぜひトライしてみてください!

トゥカーノ君
トゥカーノ君

ブラジル人はかなりの甘党。ちょっと多いくらいに砂糖を入れると、本場の味に近づくよ!

おうちで簡単!カイピリーニャのブラジル流レシピ

カイピリーニャのレシピはとっても簡単!お店で飲むのも楽しいですが、おうちなら時間も気にしなくて良いですし、多少酔っ払っても問題ないですね(笑)ここではぶらブラが作っている本格ブラジル流のレシピを公開します!

ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」とは?度数や本場レシピを公開!

本場ブラジル流!カイピリーニャのレシピ【材料】

カイピリーニャの材料は非常にシンプル。用意する材料と量は以下の通りです。

  • カシャッサ40~50ml(ショット1杯分)
  • ライム半分
  • 砂糖テーブルスプーン2杯
  • 氷(コップ一杯になるくらい)

簡単4ステップ!カイピリーニャのレシピ【作り方】

材料が揃ったら、あとは以下のステップだけで簡単にカイピリーニャを作ることができます。時間としては2~3分あれば十分ですね!

  1. ライムを良く洗い、半月状にカット(8片くらいがおすすめ)
  2. 砂糖を加え、棒などでよくライムを潰す
  3. 氷を加える
  4. カシャッサを加え、よく混ぜる

ブラジル「カイピリーニャ」のレシピのコツ

先ほどの行程であっという間にカイピリーニャは完成するのですが、ここではさらに美味しくするための3つのポイントをご紹介します。

ブラジルのカクテル「カイピリーニャ」とは?度数や本場レシピを公開!

【カイピリーニャ・レシピのコツ 1】さとうきびの砂糖を使う

基本的に砂糖なら何でも問題ないのですが、できれば茶色のさとうきび砂糖を使用するのがおすすめです。カイピリーニャのベースとなるカシャッサはサトウキビの蒸留酒なので、サトウキビ砂糖を加えれば、より自然な仕上がりになりますね!

また、砂糖はしっかり溶かさないと舌触りが悪くなってしまうので、よくかきまぜてください。砂糖の代わりにガムシロップなどで代用すると、手間はラクになりますよ。

【カイピリーニャ・レシピのコツ 2】ライムは表面がテカテカのもの

スーパーで簡単に手に入るライムですが、選ぶ際は表面がテカテカしていて、表面の粒が小さいものを選ぶのがおすすめです。その方が実がギッシリしていて、よりサッパリした仕上がりにすることができます。

【カイピリーニャ・レシピのコツ 3】ライムの皮はよく洗う

ライムの表皮には、ワックスや残留農薬が付着しています。そのままグラスに入れるのは体にも良くないので、まずは表面をよく洗ってください。同様に、ライムをつぶす際は皮ではなく実をつぶすようにし、気になる方は最初から皮をとってしまうのもおすすめです。

ぶらブラ
ぶらブラ

皮を全部とってしまうと見た目がイマイチですが、グラスの縁にライムを添えると色合いも良くなりますよ!

カイピリーニャは度数25度!飲みすぎには気を付けて

ブラジルのカイピリーニャは、お酒が苦手という女性の方からも人気の高いカクテル。おうちでも簡単に作ることができるので、目先の変わったものが欲しい時や、少し食卓を鮮やかに彩りたい時には特におすすめです!

甘みと酸味のハーモニーは一度味わったらやみつきになるので、ぜひおうち時間にカイピリーニャを作ってみてください!カイピリーニャを作るならブラジル料理を味わいたいという方は『 自宅で簡単!シュラスコの本場レシピが美味すぎた 』や『 ブラジルのポンデケージョとは?本場の作り方も紹介! 』も併せて参照してくださいね。

コメント