日本語になったポルトガル語25選!誰かに話したくなる豆知識

日本語になったポルトガル語25選!誰かに話したくなる豆知識 ポルトガル語

英語を勉強していると、「あれ、これ英語では○○なのに、なんで日本語もカタカナなんだろう」って思うことありますよね?例えばパンは英語でbreadなのに、日本語では「パン」。この「パン」って言葉どこから来たんだろうって不思議に思うことも少なくないでしょう。

他にも「コップ」「ベランダ」「ボタン」などが挙げられますが、こうした単語の多くはポルトガル語に由来しています。この記事ではポルトガル語を学び始めて11年、現在はポルトガル語の翻訳も行っているぶらブラが、日本語になったポルトガル語25選をご紹介しますので、ぜひポルトガル語にまつわる豆知識を増やしてくださいね!

  • どうしてポルトガル語由来の日本語は多いの?
  • ポルトガル語由来の日本語25選
  • ポルトガル語由来かもしれない日本語たち

ブラジルでポルトガル語が話されている理由については『 ブラジルの公用語はポルトガル語。英語はあまり通じません 』を参照してください。

日本語にポルトガル語由来の言葉が多い理由とは?

どうして日本語には、ポルトガル語由来の言葉が多いのでしょうか?その答えは、学校の歴史の授業で習う2つの出来事と大きく関係しています。

  • 1543年:ポルトガル人が種子島に鉄砲を伝える
  • 1549年:フランシスコ・ザビエル(ポルトガル人)が日本でキリスト教を広める

日本にとって欧米との最初の接触は、ポルトガル人でした。その後の「南蛮貿易」によって多くの商品が日本に持ち込まれますが、中には日本には存在しないものも。そこでポルトガル語の単語がそのまま呼称として使われるようになり、日本語として定着していったと言われています。

日本語になったポルトガル語25選

では具体的に、どんな日本語がポルトガル語由来なのでしょうか?ここでは五十音順に一気にご紹介していきたいと思います!

日本語ポルトガル語の表記一言メモ
おんぶombroポルトガル語では「肩」の意。
オルガンorgão
カステラCastellaイベリア半島の覇権を握ったカスティーリャ王国から。
カッパcapaポルトガル語で「カバー」の意。
カボチャCambodiaカンボジア→かぼちゃに音が変化
カルタcartaポルトガル語では「カード」の意。
キャラメルcaramelo
キリシタンcristãoキリスト教徒の意味。「隠れキリシタン」など。
コップcopo
コンペイトウ confeitoポルトガル語で「甘いお菓子」の意。
シャボンsabãoポルトガル語で「石鹸」の意。シャボン玉のシャボン
ジュバンgibão和服の下着として着るもの。
ジョーロjarroポルトガル語で「ジョッキ」の意。
タバコtabaco
テンプラtemperoポルトガル語で「味付け」、「下味をつける」の意。
バッテラbateiraポルトガル語で「小舟」の意。
パンpão
ビイドロvidro「ビー玉」の「ビー」もここから。
ビスケットbiscoito
フラスコfrasco理科の実験で使う器具。
ブランコbalançoポルトガル語では「バランソ」と発音します。
ベランダvaranda
ボタンbotão
ボーロbolo卵ボーロのボーロ。ポルトガル語で「ケーキ」の意。
ポントponto京都の先斗町の由来。ポルトガル語で「先端、点」の意。

中でも一番有名で、ユニークなのが「てんぷら」ですよね。天ぷらに関しては名前の由来が諸説あり、ご紹介した通り「下味をつける」という意味のtemperoからという説もあれば、スペイン語由来だとする説まで。

ぶらブラ
ぶらブラ

断食期間中(temporas)に肉ではなく魚や野菜を揚げた料理を食べたことから、という説も説得力がありそうです。

ポルトガル語から日本語になった言葉?

さきほどご紹介した25個の単語は、いずれも一般的に「ポルトガル語由来」と断言されている言葉なのですが、ここからは「ひょっとするとポルトガル語由来かも?」というレベルの言葉をご紹介していきます。

日本語になったポルトガル語25選!誰かに話したくなる豆知識

7を「しち」と読むのはポルトガル語由来?

数字の7には「なな」「しち」と2通りの呼び方がありますよね?この「シチ」はポルトガル語で7を表すsete(セッチ)が訛って「しち」になったという説もあります。

「~ね」と念を押すのもポルトガル語由来?

ポルトガル語で何か念を押す際には「~né?」という単語を語尾に加えます。英語で言う「isn’t it?」を意味する「não, é?」を簡略化したものなのですが、確かに日本語の「~ね?」と使い方は一緒ですね!

ぶらブラ
ぶらブラ

と言っても、個人的にはこれはたまたまだと思います。都市伝説くらいに思ってくださいね笑

まだまだたくさん!ポルトガル語由来(?)の日本語たち

日本語ポルトガル語の表記一言メモ
コロッケcroquete揚げ物を指す単語。個人的にはフランス語由来な気が。
辞書dicionárioポルトガル語「ジシオナーリオ」の頭をとって「辞書」になったという説。
チャルメラcharmela管楽器シャリュモーから来ているという説も。
パラソルpara-solポルトガル語で「太陽を止める」の意。
オランダHollanda英語ではNetherland。呼び名が色々あるのはポルトガル語由来だから?
トゥカーノ君
トゥカーノ君

以上が「ポルトガル語由来の説がある」言葉たちだよ!信じるか信じないかはあなた次第!

日本語にも近い!?ポルトガル語の世界を覗いてみよう

普段何気なく使っている言葉にもポルトガル語由来の言葉があるように、ポルトガル語は実は日本人にはとっても馴染みの深い言語。世界的に見ても母語人口は第6位の言語なので、習得するメリットは十分にある言語だと言えるでしょう。

「ポルトガル語に興味が湧いた」という方は、ブラジルで実際に使える表現をまとめた『 ポルトガル語の基本挨拶25選!ネイティブが実際使う表現とは? 』も併せて参照してくださいね!

コメント