ボタフォゴの本拠地ニウトン・サントスとは?アクセスを解説!

ボタフォゴの本拠地ニウトン・サントスとは?アクセスを解説! サッカー

本田圭佑選手の移籍により、日本でも一躍有名なチームとなったボタフォゴ。せっかくなら本場ブラジルに行って本田圭佑選手の雄姿を目に焼き付けたいという方も多いのではないでしょうか?

この記事ではブラジル・リオデジャネイロに約1年在住歴があり、週末になるとよくサッカー観戦に出かけていたぶらブラが、ボタフォゴのホーム「ニウトン・サントス」について詳しく解説します。

  • スタジアムの名前の由来「ニウトン・サントス」とは?
  • ニウトン・サントスの呼び名は「エンジェニャオン」
  • リオデジャネイロ市内からのアクセス方法(タクシー・メトロ)

「ニウトン・サントス」はブラジルが誇る名選手

ニウトン・サントスは、1948年から1964年にかけてボタフォゴで活躍した名プレイヤー。ブラジル代表不動の左サイドバックとしても活躍し、1958年・1962年のブラジルワールドカップ連覇に大きく貢献しました。

DFの常識を覆す「超攻撃型」のスタイルはその後のサッカー界にも大きな影響を与え、その多様なプレースタイルから「エンシクロペディア(百科事典)」というあだ名まで存在したほどです。

ボタフォゴの本拠地ニウトン・サントス

名プレーヤー「ニウトン・サントス」の名を採用したボタフォゴのスタジアムは、2007年に設立されました。2016年のリオオリンピックの際には、陸上競技の会場としても使用され、あのウサイン・ボルトが駆け抜けたスタジアムでもあります。

  • 住所:R. José dos Reis, 425 – Engenho de Dentro, Rio de Janeiro
  • 収容人数:約60,000人
  • 建設年:2007年(2016年にオリンピックのため改築)
ボタフォゴの本拠地ニウトン・サントスとは?アクセスを解説!

呼称はニウトン・サントスより「エンジェニャオン」が一般的

正式名称は「エスタジオ・ニウトン・サントス(Estádio Nílton Santos)」ですが、ブラジルではほとんどの場合「エンジェニャオン(Engenhão)」という愛称で呼ばれます

トゥカーノ君
トゥカーノ君

スタジアムがあるエリアは「エンジェーニョ」。最後の「ão」はポルトガル語で何か大きいものを示す言葉だよ!

ニウトン・サントスがあるのはボタフォゴ地区ではない!?

リオ市内にはチーム名と同じボタフォゴ(botafogo)という地区があるので、ブラジルに来るのが初めての方は「ボタフォゴのホームスタジアムがあるのはボタフォゴ地区」と当然考えるでしょう。

しかし、ニウトン・サントスがあるエンジェーニョ地区は、リオデジャネイロの郊外。ボタフォゴ地区からは約20kmも離れています。ボタフォゴ地区にはレガッタ(ボート)のクラブが今でもありますが、サッカー場はありません!くれぐれもお間違えのないように。

リオデジャネイロ市内からニウトン・サントスへのアクセス

それではここからは、リオデジャネイロ市内からニウトン・サントスまでの具体的なアクセス方法をご紹介します。結論から言うと、ニウトン・サントスへのアクセスはタクシーが絶対おすすめです!

ニウトン・サントスへのアクセスはタクシーが絶対安全!

「ブラジルが初めて」という方や、「複数人でスタジアムに行く」という方は、タクシーを利用することをおすすめします。電車に比べると高くはなりますが、ブラジルでは「安全を買う」という心持ちも大切です。

ボタフォゴの本拠地ニウトン・サントスとは?アクセスを解説!

日本のタクシーに比べるとかなり安いですが、それでも「タクシー代を少しでも安くしたい」とお考えの方は、セントロ地区までメトロに乗り、そこからタクシーに乗っても良いかもしれません。

所要時間:約20~30分
費用(目安):約40~50レアル(約800~1000円)

ニウトン・サントスへはメトロの利用も可能

とにかく一番安い方法で」という方は、シンプルで便利なメトロを活用することもできます。

  1. 最寄りの駅からメトロに乗車
  2. ブラジル・セントラル(Brasil Central)or マラカナン(Maracanã)で乗換
  3. デオドーロ(Deodoro)方面の電車に乗車
  4. エンジェーニョ・ジ・デントロ(Engenho de Dentro)で下車
  5. スタジアムは駅の目の前!
ボタフォゴの本拠地ニウトン・サントスとは?アクセスを解説!

リオ市内のメトロは観光客でも普通に使えますが、「ブラジル・セントラル駅」から奥の郊外列車はどローカルで、一般の観光客にはかなり難易度高めです。特に日本人だと目立ちすぎてしまい、人数が多ければなおさら。数人で行く場合などはタクシーで行くことをおすすめします!

所要時間:約20~30分
費用:8.55レアル(約170円)
ぶらブラ
ぶらブラ

ぶらブラもエンジェニャオンに行くときは必ず車で向かってました。1回別の用事でこの郊外電車に乗ったのですが、正直雰囲気悪すぎて・・・もし電車で行くという方は、荷物は最低限にするなど細心の注意を!

ニウトン・サントスでボタフォゴ本田選手を応援しよう

ボタフォゴのホームゲームは基本的にニウトン・サントスで行われますが、リオ同士の試合が激突する「クラシコ」は、マラカナンで行われることもあります。(「 ブラジル・リオの4大サッカーチームとは?ライバル関係は超熾烈! 」や「 ブラジルのマラカナンとは?マラカナンの悲劇やアクセスを解説! 」も参照ください)

マラカナンでブラジルの熱いサッカーを観戦するのも楽しいですが、 「本田選手の活躍を落ち着いてじっくり見たい」という方にはニウトン・サントスでの観戦がおすすめです。新しい舞台で活躍する本田選手を、ぜひ本場ブラジルで応援しましょう!

コメント